隠れて生きよ ~いのいぬ.com~

漫画描きが、漫画や絵の事、作品レビュー、セミリタイアや哲学などについて書いてます

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

サイコロジーオブマネー と お金の心配は無限地獄

やめるって言ったものの、吐き出したり、学んだ事箇条書きにする習慣は割りとよかったみたいなので

適当に再開します。

サイコロジーオブマネー

最近読んでる本。

もう終盤なんだけど、読んでてよかったなと思う事や要点が多すぎてまとめられない。

そのうちちゃんと書きますが

  • 節制しないと稼いでも無くなる。人は強欲である。
  • 金持ちになるのを焦ると、すべてを失うこともある。(バフェットにはもう1人、仲間がいたが焦って退場した)
  • 優れた美術商は目利きや運ではなく、たくさんの商品を買っているのではないかという考察(インデックス投資的)
  • 人は科学的な正しさより、感情のバランスも大事。ボーグルも息子のアクティブファンドに投資してる
  • バブルとは「短期的需要の高まりで発生する」違うゲームをしてる人に巻き込まれるな

みたいなのがすぐ思い出せる範囲で出てくる事。

久々にKindleで読んでるので簡単に無限に引っ張り出せるんだけど、キリがないので思い出せる範囲で。

改めてインデックスでいいかーと思えてきた。

サテライトは遊び程度に、クリプトやったり、短期トレードやったりしてるんだけど、お金が増えても別に自分の人生に影響を与える事はないので

できれば、もう完全にお金の事を忘れて

作品を作ったり、筋トレしたり、本や映画を楽しむ事だけに時間を使いたいと思う。

でも、やっぱなかなか不確実な未来に対して楽観的になれないからお金の不安は定期的に沸いてくる。

終わりがない。

心配したくないという願いが苦しみを作ってる

でも、ほんと、闘病漫画とか読んでると

「そんな先の事を心配してても、人間死んじゃうんだよな」って思うし

千利休が言ってる通り「願が叶うのは良い。願いを求めるは悪い」って事で

うっかり叶うのはいいけど、求める心を持つ事はよくないと思う。

この場合「心配したくない」ってのは「願い(欲)」だと考えるべきなんだろうと思う。

求める事は、苦しみを生むってのは仏教にもある通り

今を楽しめないと根本的に苦しさからは抜け出せないんじゃないか。

ブログ休止:人格リセット

井上いぬおとしての活動は本日で終了します。

色々状況が変わってきた。

病床で「生き方を間違えたな」というのをはっきりと自覚してしまった。

漫画家としての活動も近々閉じる事にした。

こればっかりは、すぐ「やめます」ともいかない。生活費や編集部との相談、仕事の区切り等色々諸問題もありますんで、すぐには難しいけど、今年中か、来年初旬か。その辺りに。

漫画描きの自分とは、そもそもこのブログとは関係がない話なのでそれはおいておきまして。

井上としては、お金とか哲学とかについて描いてきて、それはそこまで間違っていなかったと思ってる。

まぁ、勢いにまかせてむちゃくちゃ描いてる事も多かったので、過去の発言すべて正しかったというわけではないのだけど。

方向性としてはさほど間違いを感じてない。

とはいえ、結果、僕には何も無いままで

それを受け止める事がきっと一番大事なことなんだろうけど、今もまだ、受け止める事が出来ていないままであるというのは、やはり何か間違っているのだろうと思う。

それを修正するには、このままこのブログを描いていてもだめだと思うし

お金や、仕事ではそれは解決できないんだろうとわかってきた。

とはいえ、僕は人付き合いが段違いで苦手で、醜形恐怖や会食恐怖筆頭に対人恐怖がある。

人との関係を取り戻すのも生半可ではいかない。

だからやらない事を決めないといけないと思う。

  • ネット時間を極力減らす。

これをテーマに、残りの人生を生きる事にした。

居場所も少しずつ作っていけたらと思う。

人は何をしていてもいつか死ぬ。

最後に必要なのがお金ではないというのも何度も描いてきた

結局メンタルだと思う。

幸福は条件ではなく精神状況次第だから。

それをもう一度見つめ直して、整えていかなければいけないと思う。

すべてのアイデンティティを失って、いつまで保つかはわからないけど。

とりあえず、これを最後に。

人は必ず、いつか死ぬ。

ぼんやりじわじわ迫ってくるわけでもない。

来る時には必ずやってくる。

準備はしきれない。

だから「まだ先があるかもしれない」という理由で、だらだらとマンネリ生活を続けるわけにもいかない。

もう、俺は、やめる時にはしっかり区切りをつけられるようにならなきゃいけない。

多少非情になっても

自分の人生を生きなきゃいけない。

自己欺瞞に溺れるのは、今日で終わりにしたい。

✒:2024-01-01

みんなそんなに幸せじゃないんじゃないのか?

「みんなそんなに幸せじゃないんじゃないのか?」という反証出来ない傲慢な問いを立てる。

「幸せです」というヤツがこんな所に現れたら、その次点で僕はこう反論する。

「ネットのこんな偏屈なブログにやってきて「幸せです」なんて書き込むやつが幸せなわけがない」と。故にコレは反証が出来ない問いである。

事実かどうかは知らないけど、僕は僕が不幸であるという自負を持って生きているし

絶望していると思う。

しかし、他の人たちとの比較の中でしかその不幸は成立しない。

仮にみんなそんなに幸せではないのであれば、僕の絶望は軽くなる。

軽くなるが、絶望が消えるわけでもない。

ただ、多少なりとも楽になるために

「幸せと不幸」の隔たりを消すために手法の一つとして「そんなにみんな幸せではないんじゃないのか?」と考えてみた。

知恵袋

なんか同じようなこと質問してる人がいた。

本当は幸せじゃないですよね?みんな。 - ネットでは…、幸せの振りを出来る... - Yahoo!知恵袋

上を見上げれば欲望は果てしない。 下を見下せば己の優越感にしたり酔いしれる。

比べるから辛いというのはよく考えてきた事だけど、正直な話しっくり着てない。

根本的な何かが足りていない。

比べることをやめたとて、絶望は消えないように感じる。

思考を止めるしかない。

瞑想するとか、何かに集中するとか、そういう事でしか僕は生きるための精神を保てない。

病気で一週間もダラダラと寝込んで思ったが

死ぬのはやっぱりそれなりに怖い。

ただ、死んだら救われるという感覚も同時にあった

しかし、死んだらどうなるのかもわからないし、やっぱり怖いから死にたいとは思わない

ただ、それ以上に生きる事の苦痛にいつまで耐えられるかどうかわからない。

次の処世術を探す。

金は役にたたなかった。

僕は人付き合いがダメなので、そこは諦めていただけど、やっぱりそっちが大事だったのかも。

それを立て直すべきか、それともなんというか開き直ってしまうか

どうするかは決めきれてないけど。

処世術の矛先を変える必要があると感じる。

お金やネットのような虚無活動をやめて別の事を。

生涯独身って寂しいもんですか。

インフルエンザで寝込んでいる間

突然実感が沸いてきた。

「天涯孤独」という実感が。

寂しいと思うから寂しい。

生涯独身人生ってやっぱり寂しいもんですか? - 現在40代で... - Yahoo!知恵袋

寂しいと思うから寂しいのであって、楽しめることがあれば寂しさを感じることは少ないのでは無いでしょうか?彼から「独身は寂しい」なんて一言も聞いたことありません。

うーん。なるほど。

そもそも独身だろうが恋人がいようが、いつもため息ばかりで楽しくない自分は

条件関係なくずっと楽しくないってことか。

なぜ楽しくないのか。

病気でメンタル折れた。というか、運動してなかったから蓄積が剥げたというか。

体の不調が心を維持するのを妨げるというか

そういうのを無視して、元気な時も楽しいというより「まぁ今日もこんな感じ」というくらいの感覚しかない。

病気になってやはり、改めて思うけど

何か生き方を誤った気がする。

独身うんたらというより何かもっと別の所で。

それがなんなのか言語化し辛い上に、そもそも僕が選択したというより

正確の根っこの部分、厭世的であったり、命の無常観におぼれてたり、他人を恐れたり

そういうものが選択させたように思うこの人生をどうしていくのか。

ちゃんと考えた方がいいんじゃないかと思う。

漫画を描くという事に一生を捧げるなんて事が素直にできればどれだけよかったか。

キルケゴールが言う通り、何をしても後悔するものなのだろうけど

変える必要があるように感じてしまうのは何故だろう。

どうしたらいいんだろう。

どうしたいんだろう。

答え、出ず。

まだ体調は悪いので、寝る。

暖房はつけましょう。

先日暖房つけずに乗り切ったぞ

とか描きましたけど。

見事にインフルになりましたんで。

暖房はつけましょう。

…(^o^)

ま、でも関係ないんだろうけどね。

インフルはウィルスどっかで拾ってきてうっかり顔触っちゃったとかそんなだろうから。

でも寒すぎると免疫も弱るらしいので、やっぱ暖房はつけましょう。

さみーって言いながら動き回ってるのは面白かったけど、くらった代償がデカかった。

暖房無しで寒波を乗り切れた。

暖房無しで寒波を乗り切れた。

とはいえ、愛媛は比較的温かい地域だと思うので、自慢にはならないが。

やったこと

靴下三枚履き

基本GUのを二枚だったけど、この寒波ではダイソーの200円商品のユルユル系をもう一枚履いてた。

室内防寒着

防寒着着るのは割りと邪魔なんだけど、慣れたらなんともない。

仕事中ちょっと邪魔だから片手出しになって、右肩だけクソ寒い事になるのは今後の課題。

室内用、邪魔にならない防寒着を模索したい。

ベスト型だと寒そうだし、悩み中。

筋トレ。

数十回のスクワットと、デッドリフトを繰り返す。

自重で十分。

上半身も適当に刺激してやるとよし。

手数を稼いで体温を上げてくれる気がするのは、ダンベルショルダープレス。

少し温まってきたら、バーピーあたりが一気に活動量増やしてくれていいかも。

カイロ

何気にいいよな。

仙骨と風門だっけ、首のすぐ下肩甲骨の間あたり、がいいらしい。

肩甲骨は貼るも剥がすも面倒なので、僕は仙骨にだけ貼ってる。

防寒インナー

久々に履いてる。

なんかぴっちりした感じが嫌いでココ数年やめてたんだけど、やっぱ温かいっちゃ温かい。

ただ、上半身は筋トレ時にワキ汗かくから着てない。下半身だけ。

まとめ

日本海側、東北、北海道、とかじゃなけりゃ割と防寒いらんかもしらん。

とはいえ、今の家は窓がなんかええ感じのらしく防寒力があるのかもしれない。音もかなり防いでくれてるし。

あ。やりたかったけどやってないのは、窓にプチプチ。外の景色が見えづらそうってのでやめた。

なんか閉じ込められてる間強くなりそうやなと思って、でも窓からの冷気がやっぱきついから、次の寒波時は一時的にでもいいから試してみたい。

新NISAで円安:預金価値が減るんか

新NISA積み立て予約、月2000億円規模に ネット証券5社 - 日本経済新聞

新NISAで円安:預金価値が減るんかね。

何事も分散は大事。

いや、仕事は一点集中の方がいいっぽい。サテライト的な本業補助の副業はありやろと思うが。

僕は不動産とか時計とかリアルアセット系の投資商品に食指が伸びない上に

個別株はどれがええんかさっぱりわからんもんで

インデックスのサテライトとしてクリプトもゲーム感覚でやってるわけだけど、分散は大事。

クリプトは収益得ても税金分程度にしか日本円に戻して無いから、生活費に転換はされてないけど…、

って、インデックス投資も再投資ファンドにしか投資してないし、一緒か!

老後資産と消費したい事

さっき、ラジオで「老後資産は減っていくのが健全」みたいな話をしてて

完璧主義的な思考を脱却して、使うフェーズに入って行ってもいいのかもなと思う。

思うものの…

消費したいものが特にない。

漫画はレンタルだし、安いからってたけでなく、作画資料として欲しい巻以外は持ってても邪魔だって理由もあるし

映画やアニメはサブスクorTsutayaで十分だし

高い系の趣味持ってないから。それこそ今はインデックスも十分ラインに来たので新NISAは特定口座から移して行く感じにするつもりで、現金の投入はあんまり考えてない。

クリプトも内側でぐるぐるやってるだけで、さほど追加で欲しいかと言われるとそうでもない。GOXして消え去る事もあるし追加で買うとしてもBTCとETH、SOL、AVAX、BNB辺りまでしか考えてない。

じゃあ仕事やめたらいいんじゃないかと言われると

作品作るのは趣味の延長だし、アイデンティティの一つだし、自分を支える行動の一つでもあるから、積極的に辞めたい気持ちもない。(いらないと言われたら辞めざるを得ないというだけで)

結局俺の趣味って、

作ることのためにあるので、作ることやめたらそれこそ独居人として生きるのが難しくなりそうだ。

資産構築を焦りすぎたのか?

資産構築を焦りすぎたんだろうか。というギモンが沸いた。

もっと遊んでおけばよかった?

いや、これも違う。

清貧思考に出会えた事で生きるのはすごく楽になったし、人といると疲れるから遊びは程々で十分だ。

確かに、焦っていたけど、焦ったから現在に至るわけでもないし

むしろ、最近節約楽しんでるから、今の方がむしろ金を使ってない。

頑張って節約したというより、仕事淡々とやってた結果だ。

淡々とやってたのは、それが面白かったからであって、お金が欲しかったからでもないし。

結局なんなんだ。

金があろうがなかろうが。

俺の人生はモノクロなんだろう。

なんだろうが、まぁそれはそれでよしか。

何の話だっけ。

新NISAで、日本円、売られてくんじゃね?みたいな話、どーなんすかねって話でした。

欲しい物なくても現金にしておくより、株、債権、金、BTC周りにしておくかいな。

多少価値が減っても死にゃしないし。

足るを知るってマジで大事やと思った。

足るを知るってマジで大事やと思った。

最近は、またクリプトでDefiやエアドロおかっけて遊んでるんだけど

あの界隈は「お金無限に欲しいです、もらったお金はガツガツ使います」の人たちが沢山いてTLもその手の事で埋まってくる。

人間ってのはやっぱ外的な刺激を受けると影響されるもので

僕の場合は、思想は変わらないまでも、「自分がおかしいのか」という感覚に襲われる。

今月はエアコンもまだ一度もつけてないし、オール自炊で過ごしてる。

この次点でもうお察しだけど、クリプトで稼げたとしてもクリプトの中でぐるぐる回して遊んで終わりだ。

そもそも、資産管理シートに組み込んですら無いので、あれを現段階ではお金だと思ってない。

もちろん、今後ETFも承認されてくだろうし、世界の中でBTCがどういう立ち位置になるかはしらんけど、僕にとっては生活とは切り離されて動かして遊んでる何かでしかない。

だから、なんというかあの数字を増やすゲームとして独立してる感じ。

つまりは、無限にインフレするゲームをやってる感じ。

終わりのないMMOで必死こいてやってる感じ。

お金に対して、というより、数字やアイテムを追いかけるという事に対して

足るを知る精神身につけ直した方がいいんじゃないかと思えてきた。

変な話だけど、NFTやOATが現物の品だったらむしろ「いらん」ってなってたと思う。

ウォレットの中に溜まっていくだけで、空間を圧迫したりしないから「もろとくか」ってなってるだけで。

なんかよくわからんが、この謎のゲームに付き合うのも控えて、作品作っていかんとなと思う次第。

お金だろうが、クリプトだろうが、物だろうがそうだけど

その人が「何を持ってたか」なんて死んだら意味がねぇし。

作品は死んでも多少は読まれるし、作品を描く事で小規模ながらミームが発生する。

そっちの方が、価値が強いはずや。

きっと。

いや、そうでなくとも、そう思っていたい。

そう思っていないと、なんのために生きてるのか一瞬でよくわからなくなる。

物を作るって事で、つっかえ棒にしておかないと、簡単に倒れそう。

お金遺しても価値を感じない。せめてミームを遺したい。

クリプトいじりは面白いんだけど

これなんにも残んないよなぁと思って。

闘病作品とか読んでると、お金なんてなんのミームにもならない(技術やセンス継承の意味での)もの遺しても仕方ないなって思えてくる。

作品描いてる方がマシだよって。本質的には意味はないんだけど、せめて意味があると思い込める事に時間使いたい。

お金はそれに非ず。いま暮らせてるなら問題なし。

コーストFIREはおすすめできません

コーストFIREってそもそもFIREじゃないので何やねんって感じなんですけど

おすすめ出来ません。

というか

セミリタイアでもよくある話なんだけど

「もう生活費は資産で賄えるけど、働いたお金は全部使っていいや」的なのをおすすめしません。

コーストFIREはこのロジックらしいのでよりやべぇなと思う。

ラチェット効果

ラチェット効果ってのが行動経済学であって

端的に言えば、収入が下がった時に同じ比率で支出が下がることはなく、支出の下がり率は一定レベルでとどまる。というもの。

例えば300万稼いで200万使ってた人が、150万しか稼げなくなったら100万で生活できるか?というとそうはならず、150万とか130万とかその辺で止まってまうで。みたいな話。

これ、使ってる金額が収入に近ければ近い程やばいと思うんですよね。

コーストFIREって「老後の資金を作る元金を投資したら後は貯金の事は忘れて生きる」みたいな思想らしいので、実際の老後になった時理想通り溜まってたとしてもヤバいと思います。

老後2000万問題をアレして2000万や!とかの計算だと尚更やばい。

少なくとも今得ている収入と同等の額を投資資金から生み出せるor元本取り崩し込でも十分に余裕がある状態を試算しておかないとラチェット効果で死ぬる。

そんな理由で「おすすめしません」って話。

同じようにセミリタイアで、働いた分は使うべみたいなのも。

うっかり収入が落ちたり働けなくなるタイミングも加味して生きないと。

お金残して死ぬのは勿体ないというクソバカ思考

お金残して死ぬのは勿体ないってよく言うんだけど

僕はどうでもよくね?と思ってる。

お金は今やりたくない事をやらないでいられる(やりたい事をやるための)ツールであって、それ以上でもそれ以下でもないから。

それに使い切る程、消費したいものもないし。

なんなら、お金使うべき論の人たちの趣味嗜好が「消費に偏ってる」って事が問題だと思ってる。

そんなやつはむしろ死ぬまでガツガツ働いて、ガツガツ使って生きた方がいいだろう。FIREとかわけわからんこと言わずに。

節制の中にこそ自由あり

カントが言ってたんだっけか、自由ってのは自制の中にあるみたいなの。

これにすごく賛同する。

金があろうがなかろうが、ガッツリ金を使わなくても楽しめるような精神性や、生活を工夫をする事を大事にして生きたい。

今回しっかり節約して食費メモしてて思ったけど、なんでも好き放題買ってた時より楽しい。

料理が美味しくなる方法も調べたりした。雑だけど、美味しいのが出来るようになってきたら買うのがバカバカしくなってくる。

自分で作れないものを買って食べるのはアリだけど、味のレベルが極端にあがるわけでもないし進んでガツガツ買う事はなくなってしまった。

手間をかける事を楽しめるってのは一つの気質なのかもしれないけど、そういうの大事だと思うんですよね。

先日、節約系Youtuberのかぜのたみって人のラジオを聞いてて

「内向型の人はお金使わないよね」って話をしてた。

見せびらかしたりしたいと思わないし、人とも付き合いが少ないからとかなんとか色々理由を上げてたけど

内向型故の特性は活かしたいと思った。

だから、前述した通り、稼いだら旅行でも風俗でも酒でもパチンコでもなんかしらんがバンバン使いたいって人は外向性の高い人なんじゃないかと思うし

そういう人はそういう生き方を模索した方が幸せなんだろうと思う。

生活のスタイルは人それぞれ

FIREってのは金の話題だから、万人に知れ渡ってしまったけど

ぶっちゃけあんなのガッツリ稼いぐFat FIREで無い限りは、FIREとかセミリタイアってのは、清貧的で内向型で、ある意味厭世的な僕みたいな人間の専売特許みたいなもんなんじゃないかと思ってるよ。

享楽に溺れる方がいいって思ってる人は稼いでガンガン使う方が幸せだろうから。

不動産の代わりにクリプトいじる

クリプトは、2017年生なので、歴は長いです。

が、ガチいじりしたのは去年。それまではガチホだった。そんで去年計算が大変すぎて今年はいじってなかったけど

Cryptactの自動計算が予想以上によかったので、またちびちびクリプトいじってる。

不動産の代わり

個人的には不動産の代わりのスタンス。

あとは、サテライト戦略的な所。

個別株の調べ方がさっぱりわからない上に、適当に買って失敗した過去もあるので

個別株に食指が伸びない。

かといって不動産は元金が大きい上に、なんやかやで手間がかかる。

という事で以前からDefiでクリプトぼんやり運用してたんだけど、半年以上放置してたので改めて勉強し直した。

というのが今回の記事の前置き

稼ぎたいならエアドロ狙った方がいい

Defiよりエアドロ狙ったほうが大きく稼げるっぽいのでそっちのがいいらしいです。

ただ、エアドロは常に情報追ってなきゃ行けない上に、よくわからない、よく知らないものをちびちび触らなければいけない。

その上、新興チェーンを触る事にもなるので

前述した、Cryptactのような自動計算ツールが使えない。

だからその分のExcelシート整理の手間がかかってぼちぼち大変。

僕も先日までやってたんだけど、面倒になったのでエアドロ狙いはほどほどにする事にしました。

Defiに運用主流に戻った

って事でDefi運用に戻った。

クリプトの世界の年利は当てにならないんだけど、不動産よりはるかにいい数字が出てたりする。

もちろん不動産と違って元本であるトークン価格も変動するので、その辺は眉唾。

個人的には20%も出れば十分だろうのスタンスなんだけど、そんなの余裕でぶっこ抜いてきてる。

以前の失敗

以前はよくわからん謎トークン買ってファーミングしてみたり

謎ゲームにお金突っ込んでゲームトークンが暴落して0円になったり

謎の新興プロトコルにお金突っ込んで消滅させたりしてたので、もうさすがにそういう事はしないようにします

というか、良くも悪くもクリプト界隈も成熟してきてるようで、そんな謎プロトコルはほとんど出てきてない模様(自分が追いかけてないから気づいてないだけかもしらんけど。)

主要Defiで、主要トークンのみいじる

ということで主要Defiのみで主要のトークンのみ運用していく形にしまんした。

UniswapとかPancakeSwap、AvalancheだとTrader Joeあたり。

扱うトークンはBTC、ETH、BNB、AVAX、SOLあたり。

ぶっちゃけ後ろ3つは不安要素あるんで、前2つにしたいのが本音。

この辺でも年利70%とか意味わからん数字出たりするんで

まぁ…前の失敗が脳裏をよぎって、実際そうなるとは一ミリたりとも思えないんだけど!!

20%も出たら不動産運用してるのと同じノリだから、十分かなぁって思ってますよ。

来年BTCが半減期だし、ETFも承認は確実らしいのでおそらく値上がりはするでしょうし。

稼ぎたいという欲というより「面白」の方で

で、以前クリプトいじってる時はぶっちゃけ「あとちょっとでFIRE目標達成だしなぁ」ってのがあって結構がっついてた。

がっついてたらうまくいったってわけでもなく、むしろ大損こいた。

なので今回は人生同様「やらない事」を先に決めた。

上に少し書いたけど

  • 魔界触らない
  • 初手でお金めちゃくそかかるようなGameFiやらない
  • 大きく稼ごうとしない。

この2つ。

個人的には、「もしもの時のためのお金のカバー」をこの眉唾運用に委ねるスタンスでいようかなと思ってる。

節約も思ってたよりうまく行ってるし、死ぬまで食っていくには問題は今のところ無いみたいなので。

まぁ仕事ゼロになったらちょっとさすがに焦るんですけども、たぶんなんかしらで稼ぐでしょう。

同人とかSkebもあるし。Youtubeも一応収益化してるチャンネルあるし。

だから、クリプトは「面白そう」というノリでやる感じにとどめておこうかなと思います。

ガチホ分には手をつけず。4、50万くらいをぐるぐる回して見る感じで。

どうなるかなー。

でもLP組んでるとインパロスが発生してしまうんでブル相場の時ってガチホの方がいいんですよね。

来年の半減期乗り越えて、冬の時代を運用で楽しみたいんだよなぁ。

計算ツール大事。

最初からCryptactにしておけばよかった。去年の計算が大変すぎたんで、今年はほとんど情報追ってなかったし触ってもなかったんだけど

Cryptact、高いけど楽なのでよかったです。

税制改正要望でいくつかの団体が「法定通貨と交換した時のみ税金計算の対象に」って要望も出してるので、それが通ってくれたら尚良しなんだけどなと思う次第です。

それ通るならエアドロ関連や新興チェーンもいじくり倒すんだけどねぇ。

余談:面白かった漫画

最近面白かった漫画並べます。

生活保護の漫画。なかなかハードな環境に置かれてる受給者の話が出てくるので、やっぱ頭ごなしに批判できんなと思う次第。

作者はかなりしっかり取材してるので生情報に即して形成されたフィクションだと思います。

今読んでるのは不正受給、貧困ビジネス編なので、そういう話題もちゃんと触れてるんだなぁと。

ちゃんと取材して漫画描いてるの尊敬する。自分はそういうのマジ出来ない。人怖いし。

EDの主人公がひょんな事から、ヤバいED薬を作るようになる話。

これ、あれだな。ブレイキングバッドの匂いがするなって思って読んでた。

高橋先生、ブレイキングバッド見て、ネタ考えるきっかけにしたんじゃないかと見てるけど、どうだろう。

これも面白い。

伊集院光がラジオで「主人公がやけに俺に似てる」って話てて、たしかにって思った。

歴史勉強してるのでちびちび読んでる。

面白いかと言われると、ちょっと少年漫画臭が強い描写があって正直悩ましいけど(キングダムみたいな感じ)、歴史副読本のノリで読んでます。

知人が好きなので、話題にもなるかと思って。

歴史学習はYoutubeのがなんか面白く感じる。

この人の漫画はいつ読んでも良いなって改めて思った。

というか、この昭和~平成初期の雰囲気、すごく好き。

携帯電話なんてろくになかった頃の時代を題材にしたいとは常日頃から自分も思ってるけど、その頃にガチガチの青春送ってたわけでもないので難しそう。

内向型向け:最近、頭がスッキリするなと感じたこと

ちょっとネット中毒になってた。

確定申告のための会計処理と、クリプトの計算ツールいじってたら頭パンクして

そのままの流れでまたDefiいじって遊んだりしてたのでネット依存状態でした。

節約も成功してて、お金はそこまで必死に稼がねばって状況ではないものの、お金の、謎の吸引力に引っ張られてた感じ。

って事で、最近やってたら頭リセットするなと感じたこととか。

瞑想

瞑想はシンプルにやっぱ効く。

頭、というか思考が空っぽになっていくとすごく楽になる。

思考から解放された感覚はやはり良い。

筆記開示。

瞑想の亜種みたいなものだけど、これも効く。

これは頭を空にするというより、自己対話。理詰めで問題行動や現在の課題に対する対処法や、解決策を見つけていける。

頭を悩ますというよりはひたすら書き出してたらいつの間にか、俯瞰して見れる感じがいい。

読書

コレも良い。

没頭して文章読んでると余計な思考から逃れられる。

漫画もいいけど、漫画は少し負荷のかかり方が違うのか、楽しいけど、頭空って感じより興奮気味になる。活字はリラックス出来る感じ。

まぁ内容によるか、小説だと緊張感が湧く事もあるし。

リラックスするための読書としては内容は大事かも、穏やかな内容なら漫画でもいいかも?

仏教、哲学、瞑想系の本は落ち着くというか、我に返る。

映画

あんまり映画は得意な方じゃないんだけど

ネットよりはるかに頭が楽になった。

世界に没頭してると、あの煩雑としたネットいじりの状態がなんだったんだってくらい楽。

運動

筋トレが好きだけど、思考からの脱却という意味では筋トレよりハードな運動の方が効く気がする。

HIIT気味にサーキットで筋トレやるとか。

ただ、コレはリラックス感とは別の次元なので、アクティブな方向に集中したい時向けかな。(仕事や勉強前に軽く動くとかそんな感じ)

歌う

歌うのもいいと思った。

口笛やハミングでも頭からになる感じがある。

模写

これは絵描き向け。

模写クロッキーは僕が好きなだけかもしれないけど、これもリラックス感が強い。

好きな写真をネットで見つけて適当に書きなぐってると、すごく楽。

逆に思考を空っぽにできなかったもの

ゲーム

楽しいんだけど、疲れも貯まる。

会話

楽しいのは楽しいんだけど

これも疲れがたまる感じ。

バラエティ番組

これも楽しいけど、なんかリラックス感や頭空っぽとは程遠い。むしろ思考はごちゃごちゃしてくる。

内容によりけりかもしれない。

ラジオ

これも好きなんだけど、人の話を聞いてるって状態は頭空っぽとは程遠い。

リラックスもちょっと違う感じ。

終わり:そんな感じ。

思ったのは、「刺激の強さ」で誤魔化す感じじゃなくて

安定した集中をもたらすようなものが、自分にとって精神的に助けになってるのかなと思った。

強い刺激が欲しくなる時もあるけど、やっぱ低刺激なものが良いのかも。

いわゆる内向型向けというか、そういうの。

つまり幸福の尺度もそっち方面なんだろうなって。

「幸福になるには」みたいな話ではよくアクティブ性を求められるけど、やはり一概にはいかないというか

内向型にとっては内向型の幸福の尺度があるんじゃないかと改めて思った。

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています